Gracity

About

PUNとVRTKを組み合わせてVRオンラインマルチプレイ対戦ゲームを制作した。舞台は中世風の街並み。プレイヤー(魔法使い)は街中に散在する魔法の杖を取得し、遭遇した敵と対戦するゲーム。重量変更のギミックを盛り込み、重力(Gravity)と街(City)から、「Gracity」というタイトル(造語)をつけた。

Code
https://github.com/mo49/gracity

Presentation

Movie

Exhibition

第二回VRアカデミーオーディションに出展。来場者のVR慣れのレベルに対応するため、練習/PvP/PvEの3種類のモードを用意。当日はVRのプロの方が多かったので、ほとんどの方にPvEを楽しんでもらえた。せっかくのマルチプレイなので、私がもう一台のPCのシミュレータで参戦。援護射撃をする形でモンスターを討伐した。

Gracity展示会
Gracity展示の様子
Gracityコントローラー解説
Gracityコントローラー解説ボード

Feedback

フィードバックとして「横への平行移動は若干酔う」という意見があった。今回の実装方法は、パットを押すと歩行して、両手を振ると走るというもの。ワープや頭を傾けての移動も検討した上で、最も移動している感じが出るのではないかと考えていたが、酔ってしまっては元も子もない。とはいえ、広大なワールドの最適な移動方法も見つけられていないので今後の課題になった。空に吹き飛ばす演出に関しても慣れている人が多かったので問題なかったが、パラシュートのようなものを開く演出を入れてゆっくり下ろすなどを考えないといけないと感じた。

[追記]
ラグナロクオンラインがファンによりVR化!MMORPGの世界を再現
開発後に見つけたのだが、こちらの移動方法が良い。テレポートと足踏みの併用。

Skill

Unity / C# / Vive / Photon / VRTK

Production Time

from December 2017 to January 2018. (about 1month)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です