交通事故のトラブルなら名古屋の弁護士に相談すべきですが、どんな弁護士を選ぶべきなのかをチェックしよう

HOME>記事一覧>被害者救済という考え方のプロに相談しよう

信頼できるかどうか

法律書

名古屋にも弁護士が籍をおく事務所、団体がありますが、士業に関していえば、それぞれ得意分野があります。資格を持っていれば、債務整理から相続、交通事故の補償などの対応はできます。特に大都市では、得意分野を打ち出す動きがありますが、仕事のやり方、事件の解決の仕方やアプローチの仕方もそれぞれです。交通事故の案件も、依頼者ごとにより同じ事故ではなく、口コミ情報より自分にとって信頼できるのならば、それが良い弁護士と考えましょう。

交渉できるか否か

ジャッジガベル

交通事故の損害には、人損と物損の種類があり、被害者なのか加害者なのかによって弁護士の介入も異なります。名古屋の弁護会では、基本被害者支援が一般的です。保険会社との交渉はカギになり、治療費の支払い、強いては後遺障害診断書を作成してもらえるなど、症状固定が介入次第で行えます。事故との因果関係を争えるか、否かもポイントです。

交渉だけが解決ではない

通院を余儀なくされたのならば、通院の慰謝料が認められます。ただし、保険会社の基準でなく、裁判所が用いる基準で計算してくれる、そうした弁護士が名古屋にも籍をおきます。交通事故の相談でも示談より、裁判による解決が利に適う時もあります。示談できないのは腕だけの問題ではないことも知っておきましょう。

費用を心配させない

名古屋の弁護士に交通事故による裁判を提案されることもあり、コストや時間について説明をしてくれることはポイントです。示談交渉では互譲の精神に基づいて請求することが認められにくい、弁護士費用や遅延損害金などの請求ができるなど、しっかり説明してくれることを基準におきましょう。

広告募集中