価値観について

SAOのファンです。エンジニアの間では一般教養の範囲なので特に作品の説明はしませんが、Oculusのパルマー・ラッキーもファンを公言するほど、その影響力は折り紙付き。近い将来、作中に出てくる「ナーブギア」のように五感すべてをインタラプトするほどのHMDは出てこないにしても、SAOの描く世界からバックキャストして、技術的に今何ができるかを考えるのはエンジニアとして非常に楽しいことです。

SAOのメインテーマは徐々に変化しています。ライトノベル第8巻までは「VR」、2017年公開の劇場版は「AR/MR」、そしてアリシゼーション編以降は「人工知能」。これらのテーマは単独で存在するわけではなく、互いに絡まりあってSAOの世界をつくっています。現実世界でも同じことでしょう。個人的には、ここで登場するような技術を、エンターテインメントの文脈で融合していけるような仕事をしたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です