これからやりたいこと

NHKスペシャル『NEXT WORLD 私たちの未来』

SAOのファンです。エンジニアの間では一般教養の範囲なので特に作品の説明はしませんが、Oculusのパルマー・ラッキーもファンを公言するほど、その影響力は折り紙付き。近い将来、作中に出てくる「ナーブギア」のように五感すべてをインタラプトするほどのHMDは出てこないにしても、SAOの描く世界からバックキャストして、技術的に今何ができるかを考えるのはエンジニアとして非常に楽しいことです。

SAOのメインテーマは徐々に変化しています。ライトノベル第8巻までは「VR」、2017年公開の劇場版は「AR/MR」、そしてアリシゼーション編以降は「人工知能」。

中でも「VR/AR/MR」は、現実世界の制約を取っ払って新しい世界を創っていこうという試みです。これらのワードは何年後かには死語になっているかもしれません。しかし、新しい世界を創りたい、新しい世界を見たいという欲求は、人間の根源的欲求です。昨今のVRブームも「〇〇リアリティ」と名前を変えて、人間が死ぬまで絶えることのない潮流になっていくことでしょう。一生エンジニアでありたいと思う私にとっては、この波には乗らざるをえないと感じています。

さて、SAOに話を戻しつつ、今盛り上がっている技術の3本柱はこんな感じでしょうか。

・人間の活動領域の拡大(VR/MR)
・拡大した領域におけるNPCの進化(人工知能、機械学習)
・拡大した領域におけるマネーの動き(仮想通貨)

個人的には、これらをエンターテインメントの文脈で融合するものづくりをソフト面からやっていきたい。たとえば、音楽ライブ、ファッションショー、スポーツ観戦、花火大会、テーマパーク、アートナイト、コミケ…これらをVR空間で開催する。人間と見間違うほどの受け答えをするNPCとコミュニケーションをとり、グッズはbitcoinで購入する、みたいな。

NHKスペシャル『NEXT WORLD 私たちの未来』
NHKスペシャル『NEXT WORLD 私たちの未来』
https://bijutsutecho.com/interview/233/

こちらはライゾマティクスが表現した未来のライブ会場。テレイグジスタンスなどの技術を使用して、アバターの中に入り込めばより没入感のある体験になりそうです。とはいえ、リアルのライブはなくならないと思います。むしろVRでの活動が増えるにつれ、リアルで集まることの価値は上がっていく。そこにMRも加わり、境界線が溶けていく。リアルとバーチャルを行ったり来たり、時に一体化する。そんな未来にワクワクします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です